マイスタのバリューを決めた背景

kenishida
kenishida

こんにちは、ブロガー兼代表の石田です。

マイスタでは、3つのバリューを決めています、というか最近決めました。内容についてはここに書いてあるとおりなんですが、なぜこのタイミングで、この内容のバリューを決めたのかをメモしておこうかと思います。

BBQもやりますが、特にキラキラウェイウェイはしていない社風です

なぜタイミングか

このタイミングでバリュー策定をおこなった理由は、以下の2つです。

1.カルチャーフィットは課題だった

マイスタは、創業からわりと早いタイミングで株式会社メンバーズに売却しましたが、PMIの過程でカルチャーフィットが問題になったことがありました。

メンバーズはB向け事業をやっているのですが、一言で言うと「良い会社」。真面目できちんと仕事を進める、まさにウェブ運用で頼りがいのある人材が集まっているという感じです。彼らは「”MEMBERSHIP”でマーケティングを変え、心豊かな社会を創る」というビジョンを掲げているのですが、新卒が100人以上も入る規模であるにもかかわらず、カルチャーフィットする人材をちゃんと採り続けていて超すごいなーと思います。

一方のマイスタは、C向けのメディアをやっているとともに、M&Aされたとはいえ規模は小さいまだまだベンチャー。本社から出向で人が来てくれることもありますが、お互いのイメージをもっと事前にすり合わせたほうが良いなと感じていました。

もちろん「良い会社」の人はほしいんですが、もう少しアンビシャスな感じというか、野武士みたいにゴリゴリやれる人もほしいなとか。

2. 事業の解像度があがる必要があった

「じゃあ、すぐにバリューを決めれば良いじゃないか」という感じですが、事業や会社を通じて何をしていきたいのか、そのためにどんな組織をつくるべきかを明確にしなければ、バリューを作っても形骸化することが目に見えていました。実際に、以前1度バリューっぽいものをつくったものの、あまり浸透しないままフェードアウトしていったことも。

そこで、事業としての解像度が上がり始めた2018年末のタイミングで、改めてバリューを考えたという経緯があります。

会社は、組織から定義されるパターン(サイバーエージェントなど)と、事業・プロダクトから定義されるパターンがあると思いますが(メルカリなど)、マイスタの場合は「世界を世界に説明する」事業であることが前提で、メディアをやっていくことを核としてブラさない予定です。そのため、ビジョンや事業戦略に紐付いたバリューであることが必須であったため、事業として解像度がある程度まで担保されたタイミングまで待つ必要がありました。

まあシンプルに俺がサボってたというか、まあ後で決めたら良いか…って思ってたらなあなあになってしまったというのもあるんですが。反省しています…。

バリューの意図・背景

バリューの内容については、その意図とあわせて順番に見ていきましょう。

Be Expert 知的好奇心を持った専門家であれ

1番最初に掲げられているのが、このバリューです。マイスタは基本的にはメディア企業、というよりもパブリッシャーであるので、個々人が何らかの分野で専門性を有していることが望ましいと思っています。「プロフェッショナルであれ」というバリューはよく耳にしますが、個人的なイメージとしては

  • プロフェッショナル:報酬に基づいて、それが好きか否かは関係なく、100%以上のアウトプットを出す人
  • エキスパート:もちろんプロである以上、適切な報酬は前提として、対象を好きであることが根底にあって、それ故に100%以上のアウトプットを出す人

という違いがあり、なんとなく弊社っぽいのはこっちだろ、ということでExpertを選びました。

各人がそれぞれ好きなものがあって、その愛ゆえに、小難しい議論を楽しくやれる組織だと良いなーって思います。

Compassion コンパッションを持とう

コンパッションについては、補足で書いてあるのがそのままなので、そこを読めば意図はつたわるかなーと思うのですが、要は規律ある配慮は大事だよねーと。

この問題は個人的によくつぶやいているのですが、会社や資本主義は基本的にメリトクラシー(能力主義)の側面があります。そのため、1つ目のバリューである専門性だけに価値基準を置くと、ある特定の能力が高い人のみ評価される危険性を有しています。

しかしながら、チームというのは「共通の目的を達成するために集まった」組織であり、個人へのフェアな評価は大前提として、チームの目的を上位概念として、そこに個人がどれだけ貢献したかという視点が大事になります。すなわち、単純に「能力が高い人が勝つ」という競争社会ではなく、「それぞれの多様な能力が、どのように組織に貢献したのか」という軸に基づいて、評価やインセンティブが働く組織が望ましいんじゃないかと思います。

余談ですが、これはコミュニタリアンが構想する共通善の追求にかなり近いですよね。ネイション・ステートのレベルで共通善を定義することは困難なものの(*)、企業であれば現実味を帯びるのかもしれないなあと思いました。漠然と。

いずれにしても、この2番目のバリューは概念としても、そしてエグゼキューションとしても1番難しいなあと思います。つくった本人もまだ良くわかっていないですし、運用としてどのようにバリューが徹底されるべきなのかについても不安定なところはあるんですが、試行錯誤していきます。

(*)例えば、国家の戦争犯罪について後の世代が責任を負うべきかという問題は議論を呼ぶものの、企業の責任については合意が形成されやすい気がします。単に規模の問題なのか、アイデンティティが選択的だからなのか、はてさて。

Data & Hack データに基づいて、ハックしよう

最後については、これはパブリッシャーにとって1番大事なバリューだと考えています。

雑な分け方ですが、メディアは思想が強すぎるか、テクノロジーが強すぎるかのどちらか課題を抱えていると思っています。つまり伝えるべき想いが強すぎて儲からないか、パブリッシャーではなくプラットフォーマーとして儲かっているか、のどちらかだと言えます。別に後者は課題ではないか。

いずれにしても、良いパブリッシャーが儲からない問題は数億年前から言われており、少しずつ状況は変わってきていますが、圧倒的な勝者はまだいません。それはすなわち、パブリッシャーでデータやテクノロジーに十分な投資ができているプレイヤーが少ないからでしょう。広義のメディアだと、FacebookやByteDanceやら枚挙に暇はないですが、おなじメディアと言ってもプラットフォーマーとパブリッシャーは全然違います。

コードが書ける書けないと言うよりは(もちろん書けたほうが良いですが)、データや数字に基づいて意思決定をしたり、ちょっとしたハックで10Xの成果を生む方法を考える癖を持った人を育成する企業になりたいと思っています。ベンチャー界隈にとっては当たり前の話かもしれませんが、パブリッシャーとしてこれが出来ているプレイヤーはそれほど多くないはず。

ということで

マイスタでは、このバリューに共感してくれる人を絶賛採用中です。下記のWantedlyからどんどん応募してください。

kenishida

kenishida

株式会社マイナースタジオ代表取締役CEO。同社を創業後、2015年に株式会社メンバーズ(東証一部)に企業売却。早稲田大学政治学研究科修士課程修了(政治学)。関心領域は、メディア論や政治思想など。Twitter : @ishiken_bot