分析

なぜ今更SEO対策をするべきなのか?

いまSEOを強化する理由は3つあります。

1つは「Facebookバブルが終焉し、マーケティング費用が高騰している」ということです。FacebookやInstagramなどのCPAが高騰し、従来のような効率的なマーケティングが困難になってきています。Webからの流入をネット広告で担保するという行為は不可能に近い状態になってきているのです。さらにFacebook社は今後も広告枠が増加しないことを明言しています。オウンドメディアの認知・収益アップを図るには、SEO対策による検索流入が欠かせなくなってきているといえるでしょう。

2つ目は「エンゲージメントの高いユーザー獲得にはSEOが重要だ」ということです。獲得に限らず、ユーザーとの中長期的なコミュニケーションを考えると、製品・企業へのエンゲージメント(愛着心)が高いユーザーにアプローチすることが必須になります。商品購入までの距離が遠くなりがちなソーシャル運用に力を入れるよりも、すでにエンゲージメントが高い検索をおこなっているユーザーを獲得するほうが、企業にとってのメリットは大きくなるでしょう。

3つ目は「サイト上にあるコンテンツを活かせる、新たなマネジメント方法」であるということです。コンテンツ・マーケティングの流行によって多くのコンテンツを精算したものの、十分なマネジメントができておらず、コンテンツを放置してしまっている企業は多いです。弊社では、すでにサイト上にあるコンテンツを活かして、認知拡大・収益化につなげることができます。

株式会社マイナースタジオがSEOに強い理由とは?

弊社では10個ほどの自社メディア(バーティカルメディア)を運営しており、300万人のユーザーデータと、コンバージョンを用いた実践的な知見があります。とくに最近のSEOは、統計学・アルゴリズム・数理モデルなど機械学習を支える諸技術への深い理解、大規模データを用いた仮説検証が必要となっています。弊社ではこうした技術・知識への投資を惜しみなくおこなっています。また経験豊富なコンサルタントが、海外の主要なリサーチャーやレポートサイトから情報をキャッチアップしているため、最新の知見にもとづいて、実証的なSEOを展開することを常に意識しています。

さらに企業様のメディアコンサルをおこなう際には、専任チーム(コンサルタント・エンジニア・編集チーム)が、稼働時間にもとづいて強力にサポートしていきます。運用に必要な作業を、弊社がすべて請け負うことで、提案・改善・仮説検証まで一気通貫で進めていく体制が構築できます。チーム稼働することで素早いPDCAを実行していきます。

独自開発したツールで、細かいSEO分析を実施します

弊社が独自開発したSEOスコアリングツール「DAinsight」を用いて、ahrefsやSimilarWebなどのSEOにおける主要ツールや、マークアップなどのサイト構造に関するデータを自動的に取得して、該当メディアのSEOスコアリングを算出します。およそ100項目にわたるSEO要件を点数化するため、無駄のないサイト・コンテンツ改修案を提案することが可能になっています。

さらに社内の全スタッフは、自社メディアでSEOなどのマーケティング・編集の豊富な経験があります。そのノウハウを生かし、効果的な現状分析・改善案を提案することができます。